害虫の発生源を見つける

Disinfection

家の中で正体不明の害虫が発生した場合、解決するためには、その虫がなんであるかを特定することが害虫駆除の近道になります。具体的には、一般にコバエと呼ばれている虫でもその種類は非常に多く、それぞれに特性が違っているものです。ショウジョウバエなどは、腐敗した果物などの酸っぱいにおいが好きでどこからともなく集まってきます。また、チョウバエなどは、排水溝に付着した汚れや水気の多いゴミだまりに発生することが多いものです。このように、同じ「コバエ」でもとるべき対策は違ってくるので、害虫駆除するためには、まず対象昆虫を特定することが重要なのです。発生源をつかめば、それに応じて適切な処置を行うことで、解決できます。

害虫駆除のために発生源を特定した後には、原因物質を取り除いたり、清掃を行うことが考えられますが、それだけでは十分でない場合もあります。たとえば、コンクリートに割れが発生し、その隙間から虫が発生している場合には、一時的に殺虫剤で殺虫することはできますが、いずれ又、発生してくる恐れがあります。そのためには、再発防止策を行っておく必要があります。実際、害虫駆除で最も大切なことは再発防止策なのです。しかし、コンクリートの割れの修復に関しては、慣れていないと適切な処置ができないものです。そういった場合も踏まえて、害虫駆除の専門業者に相談することで解決します。専門業者は、適宜、補修業者を紹介してくれるので、対策がスムーズに進みます。